無線LANで速度を改善|規制・制限のない「プロバイダ乗り換えのススメ」 - 速度規制なし帯域制限なしのプロバイダの評判や口コミ、改善方法をご紹介

無線LANで速度を改善

無線LANの規格とは

ひとえに無線LANと言ってもいくつかの規格があり、最大通信速度などの仕様が変わってきます。 主に周波数の違いにより規格が分かれているパターンが多いですが、同じ周波数帯であっても細かい特徴が変わってきます。

下記に一覧をまとめてみました。

無線LANの規格 周波数帯域 通信速度 メリット デメリット
IEEE802.11a 5GHz 最大54Mbps 電波の混信がない 屋外で利用出来ない
11bと互換性がない
IEEE802.11b 2.4GHz 最大11Mbps 多くの製品に対応 通信速度が遅い
IEEE802.11g 2.4GHz 最大54Mbps 11bと互換性がある 電波の混信がある
IEEE802.11n 2.4GHz/5GHz 最大450Mbps 通信速度が早い 特になし

上記の通り現状は「IEEE802.11n」が一番優れた規格になっています。

無線LAN規格の確認方法

無線LANの規格は無線LANルータであればパッケージやマニュアルに明記されています。 特にパッケージには11n,11a,11gなどと大きく記載されているのでわかりやすいと思います。

無線を受信する無線LAN子機やノートパソコンについても同様で、マニュアルを確認してみましょう。 または以下の方法で確認が出来るようです。

1.コマンドプロンプトを開く
2.「netsh wlan show interface」と入力する
3.表示されたなかの「無線の種類」を確認する

無線LANの規格を調整してみよう

無線LANは親子の機器で通信を行うので、どちらか一方が速い規格に対応していてもあまり意味がありません。 無線の通信はご利用の機器の規格に準拠した通信速度になりますので、遅い方の規格に引き寄せられてしまうのです。

最高のパフォーマンスを発揮させるには無線LAN親機と子機をいずれも規格を揃えるようにしましょう。

また異なる周波数帯を使用する無線規格(11n,11a,11g)を切り替えて使える機器もあり、複数の規格の無線を同時に使用できたり使う環境によって機器を選択できるようになっています。

例えば11gだけしか使用できない親機だと、2つの子機を同時に接続した場合、最大54Mbpsの速度を半分ずつシェアしなければならないの対して、11gと11aを同時に使用できれば2つの子機が54Mbpsの速度をそれぞれ利用できます。

スマートフォンやタブレット、ゲーム機など複数の端末を接続する場合は無線LANの規格にも気を配ってみるといいでしょう。

無線LANで速度を改善をご覧の方にオススメのプロバイダ

NURO光 - 提供エリア拡大!世界最速の2Gbps回線はNURO光だけ!

規制・制限のないプロバイダ NURO光の紹介・口コミ

NURO光(ニューロひかり)とは2013年4月よりSo-netが提供を開始した、光ファイバー網を用いたサービスブランドです。 何よりも特筆すべきは世界最速と言われる下り2Gbpsの超高速インターネットサービスだということです。

リーズナブルな料金体系や、無線LANやセキュリティサービスなどの便利な無料オプションも付いています。 遅くて役に立たないインターネットからオサラバするならNURO光がオススメです。

「NURO光」の詳細を見る
「NURO光」公式サイトへ

府中インターネット - 規制・制限なしで最安値、乗り換え人気No1のプロバイダ

規制・制限のないプロバイダ 府中インターネットの紹介・口コミ

府中インターネットは広島県の府中市発のプロバイダです。 今は全国対応し、広島県以外でも利用することが出来ます。

規制や制限がなく、インターネットが快適に利用出来るのが最大のポイントです。 制限がないにも関わらずADSL1,404円、光回線1,814円と良心的な価格設定なのもいいですね。

「府中インターネット」の詳細を見る
「府中インターネット」公式サイトへ


関連


NURO光 提供エリア拡大!
東海:愛知,静岡,岐阜,三重
関西:大阪,兵庫,京都,滋賀,奈良