WiMAX(ワイマックス)の基礎知識|規制・制限のない「プロバイダ乗り換えのススメ」 - 速度規制なし帯域制限なしのプロバイダの評判や口コミ、改善方法をご紹介

WiMAX(ワイマックス)の基礎知識

WiMAX(ワイマックス)とは

WiMAX(ワイマックス、Worldwide Interoperability for Microwave Access)とは無線通信技術の規格のひとつで、高速・大容量のモバイルブロードバンドの代名詞的サービスです。

建物内部の通信に使うことを想定した無線LANとは異なり、電話回線や光回線が担っている加入者系通信網の末端部分、いわゆる「ラストワンマイル」で利用することを想定され整備されてきました。
そのお陰で人口の少ない地域や、電話回線や光回線の敷設が困難な地域でブロードバンドを導入することが可能になりました。

WiMAX(ワイマックス)のメリット

電話回線や光回線などの有線規格と違い、そもそも回線の工事や配線の取り回しが一切不要なため導入は至ってシンプルです。 エリア内であれば屋外・屋内問わず利用出来るため自宅用・外出用のインターネット環境をWiMAXのサービスのみで利用することが可能です。

有線接続のようなNTT費用+プロバイダ費用という料金体系ではないので、基本的にサービス提供事業社との契約のみで利用可能です。 そのため毎月の固定費も比較的安く抑えることが出来ます。

また当サイトをご覧の方が求めている「規制・制限がない」という点もWiMAXの大きなメリットとなります。
無線通信とは言え、Youtubeなどの動画コンテンツ視聴や大容量のファイル送受信など、使いようによっては通信するデータ総量は肥大化します。 携帯キャリアなどは一ヶ月間で7G以内などの制限を設けているのがいい例です。

無線通信でも規制や制限をされたくない、高速通信を最大限活用したいという方は迷わずWiMAXを選ぶといいでしょう。

WiMAX(ワイマックス)の通信速度

WiMAXの通信速度は下りの通信(ダウンロード)が最大40Mps、上りの通信(アップロード)最大15Mbpsとなっています。

さすがに光回線などの有線規格と比べてしまうと見劣りするかもしれませんが、普通にインターネットを使う分には全く問題のない速度です。
規制や制限がないことを加味すると、光回線+プロバイダ接続で制限された状態でインターネットをするよりも快適なのかもしれませんね。

WiMAX(ワイマックス)と端末

基本的にはサービス提供事業者と契約しサービスを利用します。 その際に必ずWiMAX専用の端末が必要になりますが、基本的にサービス提供事業者が用意してくれるのがほとんどです。

更に端末を無償提供するキャンペーンなどもあるのでうまく活用するといいでしょう。 ただし端末によってスペックも変わってきますので、そういった部分で拘りがある方は慎重に端末を選びましょう。

ルータ機能を備えている端末がほとんどなので、パソコン・スマートフォン・タブレット・ゲーム機など複数の機器を接続しても問題ありません。

WiMAX(ワイマックス)の基礎知識をご覧の方にオススメのプロバイダ

NURO光 - 提供エリア拡大!世界最速の2Gbps回線はNURO光だけ!

規制・制限のないプロバイダ NURO光の紹介・口コミ

NURO光(ニューロひかり)とは2013年4月よりSo-netが提供を開始した、光ファイバー網を用いたサービスブランドです。 何よりも特筆すべきは世界最速と言われる下り2Gbpsの超高速インターネットサービスだということです。

リーズナブルな料金体系や、無線LANやセキュリティサービスなどの便利な無料オプションも付いています。 遅くて役に立たないインターネットからオサラバするならNURO光がオススメです。

「NURO光」の詳細を見る
「NURO光」公式サイトへ


関連


NURO光 提供エリア拡大!
東海:愛知,静岡,岐阜,三重
関西:大阪,兵庫,京都,滋賀,奈良